モットンのマットレスはamazonで購入できる?口コミと商品の特徴を整体師が解説

未分類

モットンのマットレスは、amazonでも買うことができていた商品です。

しかし現在はモットンのマットレスだけではなく、枕も販売していません。

そのためamazonではなく、ほかの方法で購入する必要があるのが現状です。

ではモットンのマットレスを欲しいと思ったときは、どんな手段を取ったらいいのでしょうか。

この記事ではモットンのマットレスを購入する方法を解説。

それぞれの購入方法についての詳しい特徴も解説しています。

記事を最後まで読むことで得られるメリットは3つ。

・モットンのマットレスを購入する方法が分かる

・モットンのマットレスの魅力を把握

・モットンのマットレスが、どんな場所で使われているかが分かる

モットンのマットレスに関する、さまざまな知識が身に付きます。

「モットンのマットレスが欲しいけど、購入方法が分からない」

「モットンのマットレスの特徴を知りたい」

「モットンのマットレスの口コミを知りたい」

そんな人の疑問を解決する内容の記事になっているので、参考にしてみてください。

モットンのマットレスを購入する3つの方法

モットンのマットレスを購入する場合、主に3つの方法を選択できます。

それぞれのメリットとデメリットが異なるため、自分に合った方法を選択していきましょう。

公式サイトから購入する

モットンジャパンの公式サイトから、マットレスを購入する方法です。

返金保証やメールサポートに対応しているため、何かあったときのフォローを受けたい人に向いています。

また一部の商品を購入すると、自動的にプレミアム会員に登録。

5,000円割引で商品を購入できるクーポンを得られます。

欠点としてはモットンのマットレスを買っても、ポイントをためることができません。

そのためクーポンを使う以外に、モットンの商品を割引価格で購入する方法が無いのが現状です。

楽天市場で購入する

楽天市場でも、モットンの商品を購入することができます。

楽天ポイントを使えるだけではなく、ポイントをためることも可能。

また時期によっては、楽天市場ならではのキャンペーンも行っています。

ただ公式サイトでの購入とは違い、返金保証やメールサポートに対応していません。

そのため公式サイトでの購入に比べて、サポート面に難があります。

オークションサイトで購入する

オークションサイトでは、まれにモットンの商品が出品されていることがあります。

ほとんどが中古である場合が多く、比較的リーズナブルな値段で購入できるのが特徴です。

しかしモットンのマットレスをオークションで購入すると、さまざまなリスクに見舞われる可能性があります。

偽物を購入してしまう可能性

一部の悪質な業者によって、モットンの商品の偽物が販売されていることがあります。

偽物を購入してしまった場合、お金が無駄になるだけではなく身体に不調が起こる恐れも。

偽物の購入は非常にリスクがある行為です。

耐久性が落ちた商品を購入してしまう可能性

モットンのマットレスは優れた耐久性が特徴です。

とはいっても、すでに人が使ってしまったマットレスの耐久性は新品に比べて落ちてしまう。

またマットレスに汚れや傷が存在する場合もあるので、購入にはリスクが伴います。

モットンのマットレスの魅力

モットンのマットレスに対する評価を知っていても、魅力については把握していない人が少なくありません。

モットンのマットレスの魅力を知っていきましょう。

マットレスの硬さやサイズを選べる

モットンのマットレスは、硬さやサイズを自分に合わせて選べる商品です。

硬さはソフト・レギュラー・ハードから選べ、右に行くほど硬くなります。

サイズもシングル・セミダブル・ダブルを選択可能。

自分の体質や興味、住居環境に合わせて、購入できるのがモットンの特徴です。

耐久性が高く長持ちしやすい

モットンのマットレスは、80,000回の耐久試験に耐えた商品です。

どんなに良いマットレスであっても、すぐに性能が落ちてしまうと意味がありません。

マットレスの性能が落ちれば、うまく耐圧分散ができなくなります。

折りたためるので収納がしやすい

モットンのマットレスは、厚みが10cmもありながら折り畳みができるマットレスです。

マットレスをそのまま置いておくこともできますが、居住環境によっては邪魔に。

折りたたむことができないマットレスもあるので、片づけやすいのは大きなメリットです。

通気性が高く蒸れにくい

モットンのマットレスは、通気性の良さが特徴の商品です。

マットレスは寝ている人の汗を吸うため、徐々に湿気がたまっていきます。

湿気がたまると蒸れを感じるようになり、使い心地に影響。

「何だか蒸れて眠れない」

「寝心地が悪くなってきた」

こんな事態が起こってしまう影響があります。

通気性が高いマットレスなら、マットレスが蒸れてしまう可能性を極力軽減することが可能です。

モットンのマットレスの注意点

モットンのマットレスを使用する際は、いくつかの注意点があります。

まず気を付けていきたいのが、マットレスの重さです。

モットンのマットレスの重さは約7.5kgと、かんたんに持つのは難しい重量。

人によっては、持ち上げたり折りたたんだりするのが難しい場合があります。

またウレタンには、変色しやすいという特徴が存在。

色が変わっても品質は損なわれませんが、変色が気になる人にとってはデメリットです。

要注意!1度交換した商品は返金保証されない

モットンの商品は返金保証される商品ですが、その際に1つ知っておかないといけないことがあります。

すでに交換してしまっている商品は、返金保証の対象から外れてしまう。

つまり交換するか返品するか?を選ぶ必要があるのです。

「交換すれば、自分に合った商品が手に入るかもしれない」

「交換せずに返品をすれば、購入した代金が返ってくる」

どちらが自分に合っているかを、考える必要があるので要注意です。

モットンのマットレスが使われている場所

モットンのマットレスは、旅館やホテルといった施設で使われています。

利用されている場所の一例を見ていきましょう。

モットンのマットレスが使用されているホテル

・菅平プリンスホテル

・ホテルシュワルツ

・ホテルニューダボス

モットンマットレスが使用されている旅館

・山光館

・信州別所温泉 旅の宿南條

・信州別所温泉 上松屋旅館

モットンのマットレスが使われている整骨院

・矢口鍼灸院

・イズミ整骨院練馬院

・骨盤LABO野洲店

モットンのマットレスの口コミ

以前に宿泊していたホテルで、初めてモットンのマットレスを体験。

そのふかふか感に惚れてしまい、さっそく購入しました。

モットンのマットレスは、ただふかふかしているだけではなく張りが感じられます。

ぽっちゃり体系の私の身体でも、しっかりと支えてくれますね。

床に当たっている感じもなく、体重が重い私にとっては新感覚。

もう手放せません。

最初からカバーが付いてくるので、当日から使える点も気に入っています。

お手入れが面倒なところは気になりますが、10年もたせるためと考えると苦ではありません。

せっかくの触り心地がいいカバーなので、もっとカラーを展開させてほしいですね。

たとえばピンクとかブルーを増やすと、私的にはうれしい。

新商品を出してくれたら、絶対に買いますね。

 

今使っているマットレスを捨てたのがきっかけで、寝具選びに目覚めた私。

大手3社を見比べて、どのマットレスを買おうか悩んでいました。

そんなときに見つけたのが、モットンのマットレス。

通気性の良さ、反発力の良さに注目しました。

Twitterでの評判も参考に、ベストな硬さを選択。

最初はレギュラーにしようと思ってたけど、結局ハードにすることを決めました。

やっぱりハードなだけあって、しっかりと支えられている感があって良い。

レギュラーを買っていたら、物足りなかったでしょうね。

今持っている高反発枕と相性もぴったりで、毎日快適です。

今まで安いマットレスで満足していたけど、良いマットレスを得るためにはある程度お金をかけないとダメなんですね。

サポート体制もキチンとしているから、安心して使っていけます。

実際、商品を買った後に疑問があったので、メールサポートを利用すると親切に対応してくれました。

おかげで不安なく商品が使えています。

ネットでマットレスを探していて、たまたまモットンの公式サイトを発見。

何々?と商品を見てみたら、マットレスに目が行った。

そのときはふーんとしか思わなかったけど、やっぱり気になって再び公式サイトを訪問。

やっぱりほしいと思い、返金保証のこともあったので購入してしまいました。

そのときの私の判断は間違っていませんでしたね。

使ってみると今までにない新感覚の商品で、毎日すっきりと目覚められています。

目が覚めてはいるんですが、気持ち良すぎて布団から出られないのが難点。

誰にでも勧められる商品なので、職場の人にもマットレスを紹介しています。

 

人気が高いモットンのマットレスだったので、期待しすぎてしまったみたいです。

1番やわらかいソフトを選んだものの、ものすごく硬い。

気持ちとしては、かまぼこ板の上に体を乗せているみたいですね。

高反発が好きな人もいるみたいですけど、向き不向きがある商品。

私だけが特別だとは思えません。

もちろんすべてが悪いわけではないですよ。

触り心地も良いし、身体を包み込む感覚という人がいるのも分かります。

サポート体制が整っているので、不安になったときも安心ですね。

購入を検討している人は、まず試してみることをおすすめします。

90日間も試せるので、その間に自分に合っているか分かると思いますよ。

交換ができるので、硬さが合わなくても気軽に変えられるのが良いですね。

ただやっぱり向き不向きがある商品なので、ある程度は覚悟をしておいた方がいいと思います。

 

最近やたら肩と腰が痛くなってきたから、使用しているマットレスのせいだと判断。

自分に合ったマットレスはいずこや、とあれこれと検索しているとモットンのマットレスを発見。

すごく人気が高いマットレスなので、高いと思ったらそれほどでもない。

高いといった意見もあるけど、外国の有名ブランドの商品ならもっとするから。

実際に使ってみた感想としては、硬さも厚みもちょうどよく違和感がない。

それにふっくらとしているから、床が気にならなくていいな。

モットンって自分の中では、地味な印象だったけど使ってみると寝心地が最高。

ほかの商品も試してみたけど、しばらくは様子見が必要かな。

とりあえず半年くらい使ってみないと、本当のところは分からないし。

モットンのマットレスの扱い方

モットンのマットレスはお手入れをしていけば、10年持たせることができる商品です。

しかしお手入れを行わずにいると、耐久性が損なわれる可能性も。

モットンのマットレスを、長持ちさせるためには扱い方を心得ておく必要があります。

マットレスに付いた汚れの落とし方

モットンのマットレスに汚れが付いてしまったら、水に浸したタオルでトントンと軽くふきます。

汚れてしまったカバーは、洗濯ネットに入れて洗うようにしましょう。

マットレス本体を洗濯するのは厳禁です。

ウレタンは水に弱く乾きにくい特徴があるので、洗濯すると品質を損ねる恐れがあります。

また匂いが移りやすいため、洗剤等の匂いがずっと残ってしまう恐れも。

マットレスの汚れを落とす際は、品質を損ねないことが大切です。

マットレスは天日干しではなく陰干しをする

モットンのマットレスは、天日干しではなく陰干しをするようにしてください。

ウレタンは変色しやすい性質があるため、直射日光を当てると品質を損ねる場合があります。

蛍光灯の光にも反応して色が変わるので、人工的な光を避けることも重要です。

なるべく湿気の少ない場所で保管する

モットンのマットレスを湿気の多い場所で保管すると、カビ発生の要因になります。

湿気の多い場所でずっと保管すると、湿気がマットレスにたまってしまう恐れがあるからです。

押し入れ等に保管している場合は、定期的に換気をして湿気がたまらないように気を付けましょう。

また湿気取りを入れておくのも、有効的な手段です。

まとめ

ここまでモットンのマットレスを購入する方法や、商品の特徴を紹介していきました。

モットンのマットレスは、amazonで購入できないようになっています。

そのためモットンのマットレスを購入するためには、ほかの方法を選ぶことが必要。

この記事では購入方法ごとに、そのメリットとデメリットを解説。

モットンのマットレスについて気になっている人にとって、役立つ記事になっています。

モットンのマットレスについて知りたい人は、記事を参考にしてみてください。

コメント